マウンテンバイクと雑記の日々

息子と始めるDirt Life

プロテクター

私のヘルメット選び

更新日:

子供のヘルメット選び

息子のヘルメットよりも難航したのが私のヘルメット選びだ。

とりあえず私の頭を計測。63センチぐらい…でかいなあ…我ながら…

これだと普通のヘルメットサイズでは無理。XXLサイズかもっと上のモデルを考えねばならない。

とりあえず、色々なメーカーを検索(笑)

FOX MAVIC POC BELL GIRO BONTRAGER 661 OGKなどなど

色々かっこいいモデルは数あれどこの中でも、オフロード用のメットは作っていてもワンサイズのメーカーも多い。

頭のサイズも重要だが、ここでよく言われる西洋人と東洋人の上から見た頭の形の差だ。

西洋人は縦長、東洋人は丸いらしい。

FOXなんかはさほど長くないらしいので、試しにXXLを試着しに行ってみたがアイアンクロー状態…だめだ…

この時点でPOCなどはもっと縦長なので落選。

MAVICは比較的丸型らしく別の店で試着。FOXよりも確かにましだが痛い…

661も細いから無理だねと言われ、661も落選…

次々~ってことで探しにかかったが、店員さんに言われたのが、OGKは日本製だから一番いいんじゃない?とのこと。

確かにネットでもOGKは日本人向けらしい。OGKしかかぶれない人はOGKしか選択肢がないと言われているほど最後の砦の模様。

一個問題があるとすればOGKはオフロードモデルはあるものの一種類ワンサイズのみ絶対に無理ですな。

で、仕方なく兼用モデルを選択。後頭部までは回り込んでないけどバイザー付き(取り外し可)のモデルを選択することになった。Kabuto REZZA XL/XXL(頭囲60~64)の白である。

OGK Kabuto Rezza

ちなみにFIGOのM/Lモデルも実は入った。入った時は本当に感動(笑)した。頭の形でこんなにも違うもんなんだなあと。

とりあえず一件落着。一時期は本当にMTB買ったものの乗れないのではとの嫌な予感がよぎったもんでした。

ちなみにOGKにはSTAIR-Xというモデルがあり、もうワンサイズ上(XXL/XXXL)となっている。しかもOGKは各サイズ 専用設計となっている模様でサイズアップして中のクッションが薄くなることはないらしいのでより安心ですね。

OGK Kabuto Steair-X

ああ、なんかMTB乗る前から山道の連続ですなあ…

 

後日談 GIROも入りそうなモデルがありました。本国にはXXXLモデルもある模様。輸入してほしい…

-プロテクター

Copyright© 息子と始めるDirt Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.