マウンテンバイクと雑記の日々

息子と始めるDirt Life

雑記

コロナ拡散防止下でのサイクリスト

投稿日:

2020年4月12日 なんだか世界的に暗い話題に終始しがちな新型コロナ下です。

外出は日本ではゆるいものの、世界的にはもっと厳しい国もありまして、今のところ私の暮らす奈良では非常事態宣言はなされておりません。しかし職場は大阪なので都市封鎖が行われたら一時は大阪で単身赴任か?なんて思ってましたがそこまでは至ってません。

非常事態宣言が出されているかどうか?ということにかかわらず全国的に自粛ムードは確かで、かくあるべきだとも思います。

 

そこで感染予防に関して言われるのが、

  • 近づかない
  • 集まらない
  • 換気がいい場所をえらび、映画館など密室に行かない

なんてことですね。まあ密室系のカラオケや映画館 劇場 コンサートなんかは全てキャンセルか休業に追い込まれてます。

不要不急の外出は避けろという感じ。

 

その一方で免疫力を高める為、軽い運動は推奨されており、あまり家などに閉じこもると気分も落ち込むので、軽い散歩やジョギングなんかは程度の問題ですが推奨されていたりします。実際海外事例で比較的拡散防止に成功していると言われるアメリカサンフランシスコはいろいろな状況もあるとはいえ、都市封鎖ではなく、シェルターダウンと言われるいわゆる外出禁止で成功している模様です。その規定は不要不急の外出は避けるわけですが、ジョギングを含め軽い外での運動は認められてます。

家の中でずっといるとDVなどの問題も出てきますからね…

 

サイクリストに置き換えてみると、

  • 3時間以下で疲れを残さない程度
  • 店に立ち寄らない
  • 集団走行しない
  • 郊外など人気のない道を選ぶ

ここら辺りを心がければ感染及び拡散させないように程よい運動ができそうです。

日頃 観光ライドやグルメライド中心であれば、非常にストイックな話になるわけですけど…。

それに引き換えスマートトレーナーは良いですね。息子は学校もなくつまらなそうにしているので、二人でリレー形式を取り(一台しかないので)目標100km以上走行するぞ!チャレンジなんかをしています。

息子は下り20キロを走り、私は登り込みの20キロを走り、みたいな感じで一個のコースというよりも組み合わせながら走ります。

息子の調子を見ながら平坦も混ぜると結構バリエーションに富みますし、そもそもペースを合わせる必要がないので思いっきり漕げます。

ちなみに斜度にもよりますが息子下り20キロなんて補正値時速70キロで下ったりしますので、もう終わったの?って感じですけど(笑)子供にとったら全力20分弱はすごい偉業ですね。

といった感じで100km走ったら、あんまり意味ないですけどボトルで乾杯なんて面白いです。

それに飽きたら、近所の坂をグイグイ登ってみたりしてます。最大斜度20%ぐらいあるかと思われる150Mほどの登りを登ったり降りたり。息子はこれを10本 私は8本目で足が…ああ負け始めてるわ…

奈良にいるとどっち向いて走っても観光地なのでルートに苦慮しますけど、ガラガラな観光地の脇を通るたびに寂しくなりますね…

早く普段通りに戻るためにも、サイクリストも一丸となって防疫に参加していきましょう!

 

ではでは皆様にもよきサイクリングライフを〜!お大事に〜!

-雑記

Copyright© 息子と始めるDirt Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.