マウンテンバイクと雑記の日々

息子と始めるDirt Life

Cannondale Habit Carbon3 2016を近代化?アップグレードカスタム!

Giro Rumble VR MTB SPD 購入!

投稿日:

前から欲しかったシューズを購入しました。GiroのRumble VR MTB SPD です。このシューズは私のKCNCのペダルに合わせたもの。

片面のみSPDがついてて、裏面が普通のフラットペダルになってるタイプ。これを今までシクロクロス車に装着してたわけですけど、なんだかんだでフラペ側とSPD側の使い分けがうまく行ってなかったんですよね。

前にも書きましたけど、

現在使用中のこのシューズではフラペ側が滑るんです。なので結局SPD側しか使えない。逆にクリートなしのシューズではSPD側が使えないわけです。

それを両立できるのがGIROをはじめとして各メーカーから出てますけど、クリートがつけれる普通の靴タイプのやつ。

早い話がこれです。GiroのRumble VR MTB SPDは普通のスニーカータイプで、フラペの食い込みがいいように裏は突起の少ない食いつきのいいゴム底。靴底でも定評のあるビブラムソールです。ビブラムソールといえばトレッキングシューズとかのソールでもよく使用されるこうグリップの有名どころ。ノーズフェイスとかのトレッキングシューズもこれだったと思います。

実際、見た目よりもずっと食いついて山でも歩きやすいです。

で、話を戻して、上の写真では蓋がありますが、

蓋をアーレンキーで開けるとこんな感じ。お馴染みのSPD取り付けのネジ穴が現れます。4つのうち前の2個か後ろの2個を使います。もちろんロード用のSPD2なんかはつきません。あくまでMTBの主流 SPD用です。

SPD用のクリートですが、これは同梱されているものではなく、基本的に単品で購入するかもしくはSPDペダルの方に同梱されていると思います。

取り付けるとこんな感じ。しっかりねじ止めしないと、動きますのでしっかりトルクをかけて止めましょう。これがカタつくと取れにくくなったり、嵌めにくいことになりますし、そもそも希望の場所で踏めなくなりますね。ほんとしっかり回してくださいね。

ポイントはここです。横にすると見えない。要するに歩いていてもクリートの金具が地面に当たらないってところ。もちろん凸凹の道や石なんかを踏むとクリートが当たりますけど、基本大丈夫。

なので、通勤用をはじめとする歩く機会が多い場合のバイク運用にはもってこい!ライド途中でコンビニ寄ってもあのリノリウム張のツルツル床の店内でも滑ることはないし、ガチャガチャと音を立てることもない。ましてやロードのSPD2の様にペンギン歩きにもならないのが良いところ!

ほんとタウンユースにはもってこいなのがSPDのいいところ。その性能を如何無く発揮できるのがGiroのRumble VR MTB SPDをはじめとするスニーカー型のSPDシューズってわけです。

 

今日も山で使用してきましたが、スパイクなくても山での押し上げは楽々。しっかりグリップしてくれてるし、乗車時にはSPDもフラペも両面快適!デザインについてはまあまあって感じだけど機能的には大満足!

それと一番気になってたのがソールの硬さ。これに関してはトレッキングシューズっぽい感じで、フラペ専用シューズと変わりません。片目のソールで、漕いでる力を逃さない!いい硬さ。しかしつま先が少し反り上がってるおかげで硬さと歩きにくさは直結せず、いい感じのある着心地でした。

 

あー買って良かった!これでMTB用にこのペダルはして、シクロ用は両面SPDにしますわ!って事で大満足のお買い物!皆様もぜひお試しくださいせ!

 

というわけで皆様にもよきサイクリングライフを〜!

-Cannondale Habit Carbon3 2016を近代化?アップグレードカスタム!

Copyright© 息子と始めるDirt Life , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.