マウンテンバイクと雑記の日々

息子と始めるDirt Life

プロテクター

息子と私のプロテクター選び ビビリの初心者

更新日:

軽い?落車(落車しました)も経験し自転車の洗礼も受けたところで、他のプロテクターも買わねばと思うようになった。

やっぱり息子とやるとなると親の私もちゃんとつけないと息子もつけてくれないし、私も舗装道路でこけるぐらいだから山なんて走ろうもんなら落車しに行ってるようなものだ。

ヘルメットは買った。私のグローブ買ったので息子のグローブ買おうと思ったけど、サイズがわからない。とりあえず大阪の大きな店舗へ連れて行ってみたけどグローブって本当に高い。

6歳の子供用ともなるとラインナップも少なく5000円前後のものしか置いてなかった。しかもペラペラのプロテクターというよりも滑り止め要素重視で、機能的なんだろうけども私が求めるものではなかった。

なので、サイズのあたりだけつけて後は他のプロテクター含めネット頼みと相成ったわけだ。

そこで、何が必要かを絞り込むためにヘルメット グローブ以外のプロテクターを調べて見る。

ジャケット チェスト(胸)バック(背中)ショルダー(肩) エルボー(肘)までカバーするかなりごついタイプ。

ベスト ジャケットの肘なしタイプ


バックプロテクター バック(背中)脊椎へのダメージのみに特化したタイプ


パンツ ロードのようにお尻のクッションだけでなく、MTBの物は腿の外側までガードが入っている。

ニーガード 膝のガード

エルボーガード 肘のガード

ネックガード 首のガード。フルフェイスのヘルメットと組み合わせるタイプ

とMTB用にはいろいろある。やっぱりプロテクターはダウンヒルや、ダートジャンプのようにスピード出しながら飛んだりするタイプのものが主になってくる。

別にそこまでやるつもりは今の所ないので、この中ではニーガードとエルボーガードぐらいでいいかな?と思い絞り込む。

一口にガードと言ってもソフトタイプとハードタイプがあり、ハードタイプはプロテクション能力は高いけど、ヒットした時にずれやすい関節が動かしにくいなどのデメリットもあるようで、ソフトなタイプがかなり主流になってきてるみたいですね。

でも、暑そうだなとか守られてる感はハードの方が絶大。まああくまで感覚ですけど。ネットで動画とか実際走ってる人見てると軽装で驚かされるけど、早くなくても安全でいいかと割り切りました。レースに出るわけでもないし、結局ハードを選択してみることにしました。

初心者はオーバー目でオッケーかな?

 

ユースサイズは9〜10歳以上の展開が多く、6歳の息子のキッズカテゴリーがあまりないため比較的すぐ決まった。

エルボーガードはソフトしか無く、本人は不満そうでしたけど、フォックスのロゴは気に入った模様


ニーガードは一応7〜12歳用らしいです。ちょっとでかいけど気に入って使ってくれるなら。

 

次に私のもって事で検索検索。FOX, Alpine stars,Thor,O’neal などなどいろいろあります。老舗で私も知ってるブランドがぞろぞろと。

で、決めましたダイネーゼ(Dainese)です。私の同僚からの勧められました。彼はオートバイですけど、ダイネーゼは大人な感じやし機能性もいいとのこと。

かっこいいじゃないですか〜ダイネーゼデビルがまた控えめでいい感じ。

ダイネーゼは専門ショップも大阪にもあり、安心だ。

でも、お値段が…どうするヒポ…

息子と合わせて3万の予算で、ほとんど私のプロテクターで消えるではないか…グローブも山用のナックルガード入ったやつ買わなあかんのに…

 

続く

-プロテクター

Copyright© 息子と始めるDirt Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.