マウンテンバイクと雑記の日々

息子と始めるDirt Life

奈良周辺 ポタリング トレイルガイド 矢田丘陵トレイル紹介

矢田丘陵 矢田の道ー白石畑 前編 (小仏分岐まで)

更新日:

矢田丘陵を松尾寺より南に尾根側から進もうと思えば

  • 松尾寺境内から伸びるトレイル
  • 矢田の道(管理道 ダブルトラック)から松尾湿原を突っ切るトレイル
  • 松尾山の山頂付近から伸びるトレイル
  • 矢田の道(管理道 ダブルトラック)頂池分岐付近から伸びるトレイル

この4つに絞られると思います。

上の二つはMTBでとなるとちょっと無理。松尾湿原は倒木や沢を渡る必要がありますし、松尾寺境内にはMTBは持ち込めないかな?自粛しています。(南側からは境内付近までいけます)

今回は上でいう4番目のルート矢田の道から白石畑までのルートを紹介。

いつものこの地図でいうところの10番目となります。

この先がこのようになっていまして、緑の線が矢田の道のダブルトラック。今回紹介するのが紫の線そこからの分岐が赤線です。

スタート地点になるのがこの看板のある頂池分岐の場所。この道標は矢田寺側の東側斜面への分岐図なのでここには記されてはいませんが、

この交差点部分にこんな分岐が西側にあります。(現地ではすぐ見つかると思います)

自転車の進行方向は国見台方面にダブルトラック沿い。右上に伸びているのはダブルトラックのショートカット歩経路。そして、左上にちらっと写っている白い看板。これが白石畑方面への分岐。今回のトレイルとなります。

寄ってみるとこんな感じ。のっけから階段なので来るMTBerを寄せ付けない雰囲気がありますが、ワイルドなトレイルが待ち構えています。これより先の分岐も含めて ちょっとMTB乗れるようになってから進んでください。狭い場所、崩れている場所、急な下りなどなど。ブレーキングなどの基本中の基本ですが、自分の技量に応じてMTBに乗るか押すかの二択を間違えると本当に怪我しますし、人通りが極端に少ないところもありますのでご注意を!

入ってすぐは階段込みの登りです。そこそこ階段は削れてますが、傍にエスケープ風に斜面があるのでなんとか登ります。それを抜けてもしばらく登りですが、それほど長くは続きません。

緩やかな下りに入りますが、結構 水の流れとトレイルが一致しておりいつ行ってもジメジメ、雨の後ならグチョグチョな下り区間が少しあります。

だんだんとこんな感じに

そこからは比較的ドライなトレイルにチェンジしていきますが、結構ペダルのことを気にしながら溝の中を進む感じ

気持ちいいトレイルを抜けると、ちょっと木立の合間から生駒山側の市街が見えます。

程なく行くと最初の分岐。火の用心看板14と火の用心看板15です。(火の用心看板の意味についてはこちらに書いてますのでどうぞ)白石畑へは15方面を進みます。左側ですね。

分岐にも道標がついてます。ありがたい!東山 元山上口の表記ですが、白石畑へ抜ける道なのでご安心を!

下りを進みます!ああ楽しい

そしてここ!分かりにくい写真ですけど、右が岩のトレイル 左が根っこのトレイルに20mほど分かれます。私はいつも根っこ選択しますけど…

振り返って石のトレイルを覗くとこんな感じ。さすがに滑りそうな嫌な石のトレイルです。ご注意あれ!

そこからまたスムーズなトレイルが少し続き

倒木の根っこをすり抜け〜

また分岐に来ました。ここがいわゆる 小仏分岐 です。右に行けば東山方面 左に行けば白石畑です。

東山方面はこんな感じで少し登ります。

白石畑方面を覗くとトレイルの傍にお地蔵さんが。上のトレイルの右端におられます。これが小仏分岐の由来でかね?

この辻から東山に分岐しさらにそこからの分岐もあるので、この辻は非常に重要です。東山側は急な坂が多く、白石畑側は崩れている箇所が多いですが、緩やかです。

 

今回はここで一旦前編を終了しますが、後編では左経路 白石畑に降っていきます!

 

ではでは皆様にもよきサイクリングライフを〜!

矢田のトレイル紹介に戻る


 

-奈良周辺 ポタリング トレイルガイド, 矢田丘陵トレイル紹介

Copyright© 息子と始めるDirt Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.