マウンテンバイクと雑記の日々

息子と始めるDirt Life

自転車 雑記

AliExpressで買い物 海外通販

投稿日:

今まで色々パーツを海外から購入してきた。今までの海外通販まとめはこちら

なぜに色々な店から買ってのか?と言いますと、ご想像通り希望のパーツが揃わなかったり、あと送料問題もあるので一括したいという理由から。

タイヤなどの消費財に関しては送料込んでも海外から安いぞ!ってなるとちょっとしたパーツも加えて、結局無駄遣いが増えてしまう…

まあそんな中、息子のMTBを弄るべく欲しくなったのがサンツアーのEpixonです。これは安価な割にエアサス仕様で軽いこと、今時テーパーコラムが主流の中、オーバーサイズコラムを採用しているとかなかなか隙間をついてきます。しかもサスのトラベル量を簡単ではないけれど調整できるのも嬉しいところ(他メーカーでも対応できたりしますがもっと煩雑なものが多いようです)。

息子の自転車の24インチ化はそれほど急務ではないにせよ、旧車をいじって喜んでいる貧乏くさいチューンをしている私にとって、オーバーサイズコラム採用のEpixonは希望の星!ダートジャンプ場でも10台みれば1台は必ずと言っていいほど採用してます。

そこで嫁MTBに使ってもいいかな?ってことでとりあえず確保に走ることにしました。なんせいつ廃盤になってもおかしくないのがMTB業界。次の規格が出れば二世代前の瀕死規格など即死です…はい…

とりあえず国内の楽天 アマゾンあたりを中心に探ってみる…安くても2万以上 普通で4万がいいところ。定価が4万で、エアサスにしてはかなり廉価とは言えるものの、はい購入!とはいかない価格な訳です。

特にアマゾンで見られる商品で個人出品の場合、納期が遅い奴がほとんど。これって何?って話ですけど、ほぼほぼ海外からの個人輸入からの転売です。じゃあ自分で直で買ってもいいんじゃない?ってことですね。おそらくその輸入元はAliExpress。今まで気にはなっていたものの、中国サイトか〜なんとなくな〜って敬遠していたサイト。覗いてみると分かりますが、王手企業の横流し品がゴロゴロ。これは検品とかで弾かれた可能性もあるし、シリアルナンバーが消されている商品があったり、そもそも本物かどうか怪しい商品もあったりとまあまあ怪しいといえばきりがないです。

しかしアマゾンで買い物しても結構中国から直送されてくる商品が多いこと多いこと。それで免疫がついたのか、危機管理意識が麻痺したのかはさておき、まあいっちょ行ってみますか〜ってことでお試しと相成りました。

 

 

思い立ったが吉日。AliExpressのサイトにゴー。とにかく日本語が怪しい…翻訳機能の問題だけど、とにかく読みにくい。しかも個人商店の集まりなので、思ったように検索ができない。検索し辛さは楽天に似た感じですね。同じ商品でもサイト 値段が違えばなかなか比べるのに苦労します。しかも細いスペックを確認しながらこれ安いな〜って思ってもちょっと違う仕様だったりと、まあまあまあ…掘り出す感じが楽しかったり、そうでなかったり…

 

それを乗り切り比較と検討を重ね、特にサスフォークなんていう大物?は送料がバカにならないので、送料込みの値段となるとまた面倒ですが、それもやりきり。注文!

 

今回はサスフォーク、ディスクブレーキのローター、ブレーキホースの小物類を注文。カゴに入れて発注するまでは他の海外通販とさほど変わりません。確認メールが届き、発注メールが届きって感じです。

ここが注文確定した後の画面。

ここで目を引くのが Trackingの横に 受け取った商品を確認します の文字。発送されたものの確認をするのがtrackingですけど、商品の確認とは?って話ですが、お気付きのようにちゃんと届いたか 希望した商品か の確認です。この確認をしないとお金の授受はないということ。一旦支払いをAliExpressが受け取り、それから確認後 業者に受け渡すという流れのようです。これは安心。

 

 

じゃあもし不着や誤発送があったら?って話ですけど、それはこの 紛争を開始します で行います。

 

英語表記の場合 Open Dispute って項目です。これは二ヶ月間近くだったりした場合には必ずしないと、期限を過ぎると届いたものとみなされるのでご注意を。

 

とここまではオッケー。これは某個人取引サイトとかよりも安心ですね。ヤフオクとかもこの方式を採用していると思います。未着詐欺はとりあえず回避できそうです。しかも売り手側も親会社の手前上、紛争を起こした場合は速やかに対応する模様ですね。いずれにせよ販売実績、評価などがしっかりしたバイヤーを選択するのは当たり前の防御ではあります。

それから待つ事13日間。1個目の商品が届きました。その間もトラッキングをチェックして送られている事を確認。そこも結構ちゃんとしてます。

で届きました!後の商品はまだですけど3店舗で購入し、そのうちの一件 油圧ブレーキホースにブレーキハウジングを圧入するツールですね。

これアマゾンで買うと7000円ぐらいします。いわゆるアマゾン時価ですので変動しますけど、安い時でも5000円ぐらいするものですね。2000円ちょい。送料込みでこれは安い。

梱包は…仕方なし…こんなもんだろ?

開けるとはい 箱潰れてます。私は箱に傷が付いただの何だのは全く気にせず買い物しますけど、空いてますね(笑)中身は無事だったのでまあまあ。ここで壊れてたら紛争だ〜です(笑)

一応一通り確認して、受け取った商品を確認しました!って事でポチり。

これで一個目は完了です。この後の商品についてはまた書かせていただきますね。どうなることやら、海外通販は気長に待つしかないですね。

日本のサイトと国内流通 確実 丁寧さはやっぱりそれなりの対価を払っても価値ありです。まあここら辺は使い分け、自己責任で楽しみましょう!

AliExpress

作業がまた楽しみだ〜

ではでは今日はこの辺で!皆さまにもよきサイクリングライフを〜!


 

 

-自転車, 雑記

Copyright© 息子と始めるDirt Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.