マウンテンバイクと雑記の日々

息子と始めるDirt Life

自転車 メンテナンス ツールなど

Makita電動ポンプ18V 改造してみるかなあ…

更新日:

先日車でトレイルヘッドまで行って、さあ走り始めるか〜って時に友達がポンプ貸して〜といってきたんですよ。

はいこれですね。お得意のマキタ 電動ポンプです(バッテリーは中華互換のやつ)。電動化なんかするとなかなか離れられませんな…もちろん車なのでできる技ですけど。(ポンプについて詳しくは以前の記事を見てください)

でもね、口金が…米式でして、英式と仏式はアダプターで対応なんです。一応車とかバイクを主眼に作られているので仕方ないんですけどね。

で、予想できました?そうです。アダプター無くしてしもうた〜ってなりまして…いやはや結局家にあったんですけど。

本来ならこのボールの空気入れアダプターのところに一緒につけてるんですけどね。

アホなんが、携帯ポンプをリュックに入れてたんですけど、これにもついてたわって話…何してんねんやろ…ってそれはいいとしましょう。

なんとかこの口金を米式 仏式両方行けるようにしたいわけです、要するに改造ですね。

で、白羽の矢が立ったのがこいつ。イベントで貰った空気入れ。TOPEAK   ジョーブロー マックスHPXですね。もしものために取っておきましたが、埃かぶってたのでこいつの口金を流用できないものかと。

米英切り替えできて、しかもエアリリースボタンまでついてます。ええやん!でも根本の取り付け部分が手強い。うーんなんとかポンとつけれんもんだろうか?しかもマキタのポンプ微妙に短いんですよ、ホースが。なので、本体側を見てみると。

こんな感じ。ぎゅっと押し込んでる感じですね。こういうのって押し込む時硬いんよね…これ壊す勢いで行かないとダメで、そもそもマキタ潰したら意味ないやん…って話。

で、マキタ側は?って事で見てみると、なるほど、本体の中で接合されているのね。ではでは

 

一個一個ネジ外してソーっと引き抜くとこんな感じ。おおこういうのって男心をくすぐるわ〜。ちっこい頃から変わらんわ〜。

なるほどこんな感じでねじ止めされてるのね。オッケー!M9のネジぐらいかな?とりあえずこのごっついメッシュ付きのホースは完全にかしめてあって取れそうにないので、ネジごとホースを取り替える感じだといけそうね。ホースは変えれなくてもヘッドだけでもなんとかするか、ホース継ぎ足すかかな?

これでミリネジやなかったらどうしよう…とりあえずここまででこの日は退散。

そこで、以前の記事でも書いてましたがトピーク のスマートヘッドに変える案ですね。

これだとヘッドだけじゃなくて、ホースも80cmに延長できるしいいかも。しかも取り付け部はM9で他もつけれるみたいなのでいい感じです。

ちょっと投資にはなるけど、定評のあるヘッドだし、もちろん仏式 米式両対応だし、エアリリースもついてるみたいだし ついてなかった…。しかも今まともなポンプは電動と、手動では携帯ポンプ もしもの時の眠ってはいますけどジョーブロー マックスHPXしか無いので、ジョーブローはそのまま温存します。

っていつ改造しよう…早いに越したことはないけど、色々買いたいもの多いしな…って感じか。道筋わかったのでぼちぼち行きますわ。(改造しました!続きはこちら)

 

って事で皆様にもよきサイクリングライフを〜!

-自転車 メンテナンス ツールなど

Copyright© 息子と始めるDirt Life , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.