マウンテンバイクと雑記の日々

息子と始めるDirt Life

矢田丘陵トレイル紹介

矢田丘陵 松尾湿原 平群谷

更新日:

矢田丘陵の尾根沿い矢田の道からの分岐。国見台の休憩所から少し南側(松尾寺方面)に足を延ばすと分岐があります。

松尾寺白石畑と矢田寺を示す道標の上にある追加された表記。そこには松尾湿原 平群谷と書いてあり、トレイルが伸びている。

このトレイルは平群方面に下山するルートなのではありますが、かなり自然豊かなルート。その昔20〜30年前の話ですがハッチョウトンボという日本最小のトンボがいるとかで何度か探しに行った覚えがあります。その他にも沢には季節の花が咲くようで、花に明るくない私には種類などわかりませんが、なかなかのハイキングトレイルです。

ハイキングトレイルと書いたのでお分かりかもしれませんが、MTBではいけるところではないです。途中ロープ場あったり、何度か沢を横切りながらのトレイルになりますし、下山するに従い、谷が深くなりますので歩きでないと危険だと思います。MTBが荷物以外の何物でもない瞬間が訪れますので。

 

しかし、せっかくなので湿原の雰囲気を味わいに行こうかと少し足を伸ばしてみました。

倒木の連続。一個越えて また二個超えてと奥へ奥へ。少しでもライドを楽しもうかと跨ってはみますが、やはり乗れたものではなかったです。というわけで自転車を放棄。まあここなら取られる心配もないでしょう。

身軽になったところで、昔見た風景を求めて進みます。

少しすると湿原独特の木が倒れこんだ沼になってまして、真ん中に沢の流れる音が聞こえてきます。

これがまたチョロチョロといい雰囲気。

冬だったので未だ見ないハッチョウトンボに会えるわけもなかったですが、おそらくイノシシのガサガサ動く音以外と近くでしたので、急にゾワゾワっと怖くなり引き返しました。

もう少し暖かくなったら息子を連れてハイキングを決め込みたいかな?せめてロープ場ぐらいまでは行きたかったなあ…こうやって写真で見るとMTBでも行けそうですけど、まあまあ推して知るべし湿原でございます…

ここを抜けると上庄方面に抜けることができるので、いつもは行かない平群方面の歴史遺構も訪れてみたいと夢が膨らみました。

 

というわけで、矢田丘陵の 非 MTBトレイル紹介でした。MTB楽しみたい方にはご注意あれ!

ではでは皆様にもよきサイクリングライフを〜

矢田のトレイル紹介に戻る


-矢田丘陵トレイル紹介

Copyright© 息子と始めるDirt Life , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.