マウンテンバイクと雑記の日々

息子と始めるDirt Life

キッズバイク カスタム 改造 自転車

Suntour Epixon トラベル調整

更新日:

先日アリエクスプレスから購入したSuntour Epixonのトラベル調整をします。(購入記はこちら。)

このEpixonは今(2019年)では珍しくなってきた オーバーサイズコラム(1/8インチ規格)のサスフォークです。現行機種はほぼ全てテーパーコラム(下1/2インチ上1/8インチ規格)に移行しましたね。しかも規格が合うというだけでなく、結構軽量 安価 動きがいいというなかなかのヒット商品。ダートジャンプ場でも頻繁に見かけます。

このサスの購入に至ったのは嫁MTBがオーバサイズコラム規格だった事、それと息子のMTBもしかりというわけで、無駄がないと思い踏み切った次第です。基本的には息子のMTBに24インチタイヤを入れるのが本命。しかし股下が長くなりすぎるとフロントが上がり過ぎちゃうので、まずは購入してお試しというわけ。

このエピクソン他にも特徴がありまして、トラベル量が比較的簡単に自分で調整できる点。息子のMTB(Specialized Riprock20)は出荷時で60mmトラベル。ここに80mmにサスを延長、タイヤ径の大型化(半径にして約5センチ)と 色々な事が重なってきます。(前回までの記事)

 

というわけでとりあえずサスのトラベルを変えて、サスを縮めるのが狙いです。行ってみましょう!

まずはサスから空気を抜きます。airの表示のあるキャップを回して取り、真ん中のピンを押すと空気が抜けます。サスのバルブはどのサスも米式バルブですね。

抜けたらこんな感じでサスが縮みます。

この後リバウンド調整用のノブを回転させずに引き抜きます。硬かったらペンチかなんかで挟めば抜けますが、手でも十分抜けました。もし六角の小さな棒が残ったらそれも引き抜いてください。

次に両側をアーレンキーで緩めていきますが、半分ぐらいまで緩めた後、プラスチックハンマーなどでネジを叩いて固着したインナーレッグとアウターレッグを外します。左右で大きさが違いますが、これが取り付けミスを無くす味噌なんですね〜考えられてます。私はプラスチックハンマーが適当なものがなかったので、

階段にあてがって、

サンツアーと書いてあるブリッジ部を上から拳で叩いて外しました。簡単に外せるのでいいと思います。後当て木をして叩いてもいいかとは思いますが、助手がいないとこう行った作業はしにくいですよね。下に赤いバイスが写ってますけど、この時点では使用してません。写り込んでるだけです。

両側固着を取った後、最後までネジを抜き取りますと、インナーレッグが引き抜けます。ここら辺からグリスで手がベタベタになります…

次にリバウンド調整が付いていた方の この部分をモンキーレンチで緩めて、外しますと、

ズボッと抜けてくるのがこんな感じ。大事にパーツを並べておきましょう。

ここで注目は銀色のシャフトに縦に並んだ穴。上から140 120 100 80mmの順でトラベル長が調整できます(モノによっては130があったりするようです)

今の状態だと100の位置に黒いストッパーが固定されているので3つしか穴は確認できない状態です。

この黒いストッパーを下に一個移動させて変更するというわけです。

とりあえずホームバイスに軸を固定して、黒い部分の、真ん中んのピンを打ち抜きます。結構ガンガン行かないといけないので緊張します…そうこうしてるうちにバイスの傷が…

結局バイスに固定は断念、上に置いた状態で叩いて取りました。やってしまった…取り付け時にヤスリで滑らかに整えました…皆様もお気をつけて下さい。

ピンも抜けたので今度は傷つかないように気を付けて打ち込みます。

移動完了。

ここで一度試してみたかったのがこのバネを一個抜いてみる事。これってエア漏れしても短くなりすぎないようにするためのバネな訳ですから、体重軽い子供なら一個でいいかな?っと思った次第。フルに縮んでも故障するまでの衝撃は来ないかな?と行った具合です。

このバネ部分だけでも目測ですが50mmのトラベルがとられてるわけで、80mm中30mmしかエアサス感が無いならなんだかねえ…と思ったのですが…。

で、組んでみると…

長かった…そうです。このバネ一本分サス長が長くなっちゃうので伸びてる長さでいうところの30mmぐらい長くなってトラベルが110mmぐらいになってしまいました…

あかんあかん…一旦バラしてバネを復帰させましたとさ…とほほ…

それでも純正のコイルサスよりはいい感じで動いてくれます。あとは組み上げてみてエア量調整かな?まあまあじっくり組み上げていきます。サス長伸ばすときには息子用ならバネ一個抜きだけで行ってみるかな〜とか…大人の体重ではお勧めしませんが!

そろそろ私の24インチも嫁入りしていくわけですね〜感慨深い。もうすぐ8歳の息子にHOPEのハブ。贅沢すぎるだろ〜って思いつつ、しばしの24インチとのお別れを惜しみながらダートジャンプ 行きたいな〜。

それと、私の不手際により悪者になりかけてるホームバイス!これは ぼっち整備の強い味方ですので、ぜひ当て木などを使って丁寧に進めて下さい!ほんとこれがないと整備できません…

 

ではでは皆様にもよきサイクリングライフを〜

キッズバイクカスタムに戻る


</a

-キッズバイク カスタム, 改造, 自転車

Copyright© 息子と始めるDirt Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.