マウンテンバイクと雑記の日々

息子と始めるDirt Life

ゆぶねマスターズ挑戦への道!

ああ、禁煙目標の三月が来たぜ…part2

投稿日:

さて、禁煙するぞということでラストスパート頑張っているのですが、今回は私自身に言い聞かせます。

 

なぜタバコを吸うのか?そこです。今までのらくら吸い続けてきてもう人生の半分以上を喫煙期間にしてしまいました。情けない話です。

今まで全く禁煙をしなかったか?と言いますとそうでもなく禁煙した時期もありました。それはバレーボールの大会前、3ヶ月限定とかで禁煙を結構。チーム内の後輩と共に禁煙してましたね。その頃キャプテンをしていたこともあり、みんなでモチベーションを高めて行こうというツールの一つだったわけですが、大会が終わるとまた吸い始めていました。

 

そんなわけでタバコの思い出でも一つ…良かった思い出です。それを完全に払拭するため、タバコを止めるには私の中で正当化してきた物を否定して前に進みます。

 

学生時代に海外で仕事をしたかった私は、夏の大会が終わると次の日からバックパックを背負って旅に出ました。当然お金はそれほどなく、いわゆるバックパッカーです。

カナダ イギリス イタリアなど西欧圏が多かったですが、その時に私はライターを持参せず、タバコを吸いたいと人にライターを借りる生活を一月前後送る事をルールにしてました。

20年以上も前の話ですから、タバコには世間はまだ寛容で、ニューヨークでさえも路上喫煙してましたね。黒人の労働者が多かったと思いますが。

とにかく勇気を出してライターを借り、なんとなく5分ほど話す。これを繰り返し、いろんな情報を得たり、公園で雑談に興じたりと、私の語学力の基礎を養ってくれた、世界との扉を開けてくれたのもタバコでした。

 

その後 仕事についてからというもの年を追うごとに、喫煙というものに世間の目は冷たくなり、喫煙所というものが隔離場所の様相を呈してきた頃は、いつもなら話せないかなり目上の方と出会える場所が喫煙所だったと思います。

先日はどうも!なんて言いながら おタバコ吸われるんですね〜から始まるタバコ談義、そんな中から生まれる人間関係にすごく助けられてきたのも事実。社会との扉を開けてくれたのもタバコだったかもしれません。

 

しかし時は廻り、今になって思うと得たもの失ったものを考えると、得たものは否定はしません。今からのことを考えると失うものの方が遥かに大きいし、今までだって失ってきたものの方が大きいでしょう。

お金に関しては言わずもがなですが、時間です。一本吸うのに5分としますと、一日10ー20本吸いますと24時間のうち1時間を非生産的な作業に当てていることになります。

嫌煙家が増える昨今では、人間関係でも多大な損もしてきたと思います。私が喫煙のために使う5分のタイムラグは必ずしも私だけの時間ではないからです。

 

しかも私が正当化しようというか、美化してきた事項なんてそう喫煙時間の中でどれ程の時間だったでしょうか?バカバカしいです。でもだからといってスパッとやめれるほど甘くないのも事実です。

 

そこで私はどんな場合に吸っているのかを書き出してみますと、

  • 朝起き抜け
  • 出勤途中(出かける前 最寄駅駅の喫煙所 目的地駅の喫煙所など)
  • 仕事前
  • 食前 食後
  • 仕事中に時間が空いた時って言いますか、必死で時間を作って
  • 仕事後
  • 寝る前

などなど…これで数えていくと大体15本程度に落ち着きます。これから細かく吸った時間とペースを考えて行きますと、終業時までには実は5本程度で落ち着いている日が多く、終業後から寝るまでの時間で10本ほど吸ってることが多いです。

休みの日は様々で、一日数本の日がほとんどです。

 

ニコチンの生理的な活性時間は30分程度と言われてますので、ニコチンが体から抜けている時間がかなり長く存在しているにもかかわらず、やめれないとは何事か?です。

まさにこれが不都合な真実でして、1日の起床時間が18時間だとして、自由に吸えない環境だとしても、1日20本を切っている時点でそこそこの脱煙時間が存在することになります。

その時にそれほどイライラしてるのか?と言いますとそうでもないです。

 

ということは私の場合はニコチン中毒というよりも、機会が有れば吸う感じで、そもそも喫煙に必然性がないことになります。

そこで、一本吸いたい!ってなる回数を数えると1日で3回ほど…

というわけで今現在1日 3〜4本生活に入って一週間経ちます。この一週間で本当に3本ともそれほど吸いたかったのか?という疑問がまた出てきました。

いい兆候です。しかし口寂しいもの…ゼロまで遠いのも事実…

 

スパッとやめれればいいわけですけど、禁煙外来は行きたくね…

ラストスパート頑張ります。何でごまかすか?それが問題だ!

 

ではでは皆様にもよきサイクリングライフを〜!

-ゆぶねマスターズ挑戦への道!

Copyright© 息子と始めるDirt Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.