マウンテンバイクと雑記の日々

息子と始めるDirt Life

ゆぶねマスターズ挑戦への道!

筋肉の痙攣 腓返り(こむらがえり)対策しなきゃ マグネシウム補給するか

投稿日:

私は若い頃から足が攣りやすいです。バレーボールやってる時も試合が連続するとしばしば攣りました。いわゆるふくらはぎの腓返り(こむらがえり)を起こしたり、指先だったりと様々でしたが、やっぱり未だに攣りやすいです。ちなみに腓返りの腓とはふくらはぎのことですが、筋肉が攣るのはメカニズム的にはどこも一緒です。

 

ではなんでこんなことが起こるのか?についてまず書きたいと思います。

筋肉には過度な収縮と過度な伸張を抑制するセンサーが備わっています。伸びすぎに対しては筋紡錘が働き、縮み過ぎに対しては健紡錘が働きます。

この過度な収縮に抵抗する健紡錘の働きが弱まると起こるのが腓返りということになります。特に過激な運動中 運動後に現れやすく、睡眠中にも起こりやすいです。

 

次に原因です。

水分不足 冷却

水分不足いわゆる脱水は運動中や睡眠中の発汗によっても引き起こされやすく、血流が滞ると起こりやすくなります。また、幹部の汗などによる冷却によっても血行が弱まり、腓返りが起こります。

ミネラル不足

血流が悪くなると酸素の供給が落ちますけど、も一つ重要なのがミネラルの供給。発汗により体内ミネラルの流出が運動中のミネラル低下を引き起こします。ミネラル不足によるものの中で重要なのがナトリウム カルシウム カリウム マグネシウムです。

ナトリウムは塩ですね。たしかに熱中症対策に塩飴舐めてミネラル補給しますので、ミネラルの発汗による流出のイメージは掴みやすいかと思います。他のカルシウム カリウムも筋肉の運動 神経伝達などに重要なミネラルで、たしかにスポーツ選手はバナナを取るなあって感じ。バナナといえば高カリウム食の代表ですね。もちろんその他のカロリー補給 消化などなどいろんな理由もありますけど。

で、ここで目を引くと同時に一番不足しがちなのがマグネシウムです。

このマグネシウム エネルギーの代謝などにも関与していて、ダイエットなんかでも注目されたりするミネラルですけど、日常的にも血圧 血行などの循環器系の改善も大いに期待できるらしく、重要ミネラルなのですが摂取しにくく日常的にも不足しがち、そこに運動までくると…ですね。

このマグネシウムを含む食品は魚介類 海藻類 豆腐などの豆類加工食品 ナッツ類 ソバなどなど多岐にわたるわけですけど、平均すると少ないのも現実…

そこでサプリ頼みかな…

DHCのカルマグならマグネシウムとカルシウム両方取れて便利。元々ビタミンCはサプリでないと十分補給できないので 以前から飲んでますから、そこに足す感じ。

1日3粒

こんな真っ白なカプセルですね。私がドイツにいる時もナッツはよく食べる彼らでも魚介類はほぼ食べない彼らはよく飲んでるのを目の当たりにしてきたので抵抗は無いかな?

なんとなくサプリって抵抗あるんですよね…増えると病的な気がして…でもマルチビタミン ミネラル系のやつでもいいけど、ビタミンCが少ないのよねとか色々あるし、そもそもうちの自慢の嫁(笑)は料理をバランスよく作ってくれるので決定的な不足はないと信じてます!って事でピンポイント補給を心がけることにしますわ。

ご参考まで!

 

あ、それと運動前後にはBCAAこれもやってます。BCAAはアスリート系の人には常識かな?意外と色々飲んでるなあ…とか思いつつ…

ではでは皆様にもよきサイクリングライフを〜!

 

-ゆぶねマスターズ挑戦への道!

Copyright© 息子と始めるDirt Life , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.