マウンテンバイクと雑記の日々

息子と始めるDirt Life

雑記

Snowscoot 2回目は琵琶湖バレイ!関西のスキーボードの登竜門?!

投稿日:

いやはや行ってまいりました。琵琶湖バレイです。関西と言いますか、大阪近辺(私は奈良県民)で確実に開場しているスキー場。しかも近いスキー場といえば琵琶湖バレイ。私も小学生の頃ってもう30年以上前の話ですが親に連れられていった覚えがあります。

中学生にもなると、日帰りでスキーを友達と行かせてもらえたのは琵琶湖バレイでした。

なんといっても人工雪と割り切っていて、もちろん天然降雪もあるわけですが、ちょっと雪少ないかな?コンディションはどうかな?なんて時でも琵琶湖バレイなら雪あるでしょ!って感じ。私の家からでも1時間半で到着できる気軽さは最高ですね。

もちろん混んでますし、お値段はそこそこ…岐阜とかまで行けたらそりゃあいいわけですが、連休無い しかも代わりのドライバー無い状態で、片道3時間以上はきついですわ…自転車レースでも3時間超えるとちょっと考えます…そもそも仕事上 土日とかの連休がないので余計です。

まあそんな事情はさておき、到着すると見事なまでにゴンドラ下は雪無し!山頂付近には雪が見えましたが、この上にスキー場があるとは思えん…そそくさと進む息子と嫁。ワンタッチなはずの我が愛機スノースクート One-D 組み上げに四苦八苦しながら(実際は簡単です。嫁と息子が無情なだけです…)後を追いましてチケット購入、息子と嫁はゴンドラ下でスキー板を借りて出発。それでもなぜかストックだけは山頂で受け取るという謎設定。それなら上でスキー板も貸して欲しいです。山頂までのゴンドラで非常に邪魔なので…場所問題とかあるんだとは思いますけどね。

滑走面は雪ありますけど、それ以外のところはないですね。年末あたりにどっさり降った雪は先日の雨とともに消え去ってしまった模様で…暖冬なのか元々なのかわからないラインで雪ないです。

この日は下界の様子が霞んで見え辛かったですけど、琵琶湖の輪郭がうっすら見えます。眺めはさいこーとまでは行かなかったけど、琵琶湖バレイの醍醐味ですね。

ちっさくダイナミックリフトだったっけから降りてくる息子と嫁。嫁が遅すぎるから面白くない〜って息子はいうけれど、パパは行けんのよ、ノットダイナミックパパなわけです。スノースクート二回目ではやっと最大斜度12度 平均6度という今にも止まりそうな設定のコースで十分…実際朝の間はここで散々練習しました。結構初心者の方がこけまくり、ボードしない私にはわかりませんが、ボーダーのゲレンデ真ん中でくつろぎ始める一団一団を避けねばならず、結構スリリング(笑)でも、そうこうしているうちにかなりコントロールに慣れてきました。

実際の見た目はこんな感じの打見ゲレンデ。本当に人多いわ…始め滑り出して止めれなくなったらどうしようかと勇気がいりました。さすがに子供にぶつかったら相手に怪我させますからね…

でもそれでも嫁と息子についていき、揉まれるうちにかなり乗り方が上手くなってきて、息子にも やるやんパパ って言ってもらえました(笑)

 

ちゅうことで楽しい1日を過ごせたわけですが、やっぱり自転車と全然違うようで似てますね。

要は真ん中にいかに乗るかがめちゃ重要。スキーやボードみたいに足が固定されないだけに乗れば真ん中ってわけでもないです。立ち位置によってエッジの効き方滑り方が変わるので真ん中の意識はめちゃくちゃ面白い。しかもハンドルあるので真ん中に立っても握るすぎるとダメだし、なんだかいい感じ。

しかも曲がるときに曲がりたい側の足に荷重する感覚はスキーとは逆だけど、自転車で言うところの足でバイクを倒す感覚に似てます。なかなか面白い。

ずるずるに滑るところでスラロームしてる感じかな?いやわからんけど…

 

このことに気づいてからは結構滑れるようになって、エッジきかせずに体勢を変えて、エッジを効かせて曲がってとかとか。それでも斜度が10度後半にもなるとちょっと対応が難しいので徐々に初心者レベルを上げていかないとね。

それでもこのワクワク感はいいですわ。もう一回行きたい。この冬もう一度…

ってことでカービングしかしてないですけど、なんとなく自転車との共通項も見え始めたので、余計に面白く思える1日でした!

休憩中に飲んだココアが染みました〜めちゃ美味しいけど、飲食が高いねえ…琵琶湖バレイ…山上 レジャー施設なので仕方ない…

 

ではでは皆様にもよきサイクリングライフを〜!

-雑記

Copyright© 息子と始めるDirt Life , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.