マウンテンバイクと雑記の日々

息子と始めるDirt Life

雑記

東京オリンピック2020のMTBプレ大会がありましたね!

投稿日:

2020東京五輪で行われるMTBの会場は静岡県伊豆市にある日本サイクルセンター内のMTB会場です。

そのプレ大会が行われたのは、我々が朽木でタイオガカーニバル(キッズレースと3時間エンデューロ)を開催していた2019 年10月6日の事。

記事結果詳細についてはこちらを御覧ください。サンケイスポーツのサイクリストというニュースサイトに飛びます。

 

これを読んでいると、一周4キロのコース(標高差180m)を6周で行われるということ。残念ながら日本人選手は山本幸平選手のみ完走で、51名登録中35位 他3選手は-1 -2 -4ラップで競技を終了してます。

サンスポの写真をお借りしてきましたが、山本幸平選手の勇姿!ロックセクションが凄いですね。山本選手はCanonndaleなんだ〜Leftyだ〜とか思いながら関係ないことでも盛り上がりつつ…

もとい!最近のクロカンコースは一昔前のダウンヒル並みだ〜なんて声を聞きますが、このほかの大会でも3mぐらいのドロップがあったり、ほんと普通じゃ考えられないコースを走行されてます…

いやはや凄まじい…

 

このコースを4km6周ですからほんとしんどそうです。大会スケジュールを見ると競技時間が2時から3時半ですので1時間半ですので、ほぼほぼ1時間ちょいで走ってくるという事ですかね?

大会で男子エリートの走り見てても、激坂を結構重いギアでグイグイ登ってる光景に目を疑うこともしばしばですけど、そんな選手をラップアウトしていくとは…

 

まあ目指すところが違いますけど、ますますMTBが面白くなってきたって感じかな?

私も観戦しにいきたいな〜オリンピック!

 

ちなみにこの時流に乗って 846ホームコースゆぶねもパワーアップ中です!2021年ワールドマスターズゲームに向けて、下りセクションの強化。トレイル幅の拡張 おそらくロックセクションの実現に向けて工事してます。だからといってご安心あれ!初心者 キッズにも優しい誰でも楽しめるコースのままですよ!

リフトは無いけど、下りも上りも面白い!日本でも屈指の難しさとエリートクラスの選手も言うゆぶねがパワーアップ!オリンピックムードに乗ってぜひ遊びに来てください!

 

ではでは皆様にもよきサイクリングライフを〜!

-雑記

Copyright© 息子と始めるDirt Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.