マウンテンバイクと雑記の日々

息子と始めるDirt Life

Cannondale Habit Carbon3 2016を近代化?アップグレードカスタム!

カラーコーデは難しい…

更新日:

自転車乗ってると色々カスタムしてしまいます。って普通の人ならしないのかもですけど、スポーツ自転車乗っている方はライディングの位置調整や軽量化 高性能化(ブレーキなど)や剛性アップと何かと色々手を加えてしまいますよね。

そこで私も色々取り組んできたわけです。私の愛車の改造遍歴まとめはこちら

現時点ではペダルを変えたのとチェーンリング ディレイラーケージ ジャイアントコグを含めたワンバイ化とドロッパーシートポスト導入ぐらいのもんですが、ワンバイ化のパーツはできる限り緑一色。ペダルも緑を選択したわけです。

基本私の愛車Cannondale Habit Carbon3 2016はグロスブラック地に緑の配色なので緑選択をしていたわけですけど、なんだかアルマイト加工されたキラキラした緑色が勝ってしまって緑化している状況。いい意味でも悪い意味でもしっくりきすぎてカスタム感が薄いです。

見回してみるとサスのリバウンド調整用のノブが赤 ロックする真ん中のボタンが緑なので、緑赤は相性も良さそう。というわけで赤パーツをちょいちょい入れていきます。

まずはチェーンリングボルトとタイヤバルブキャップですかね?

チェーンリングボルトはワンバイ化のチェーンライン調整で導入済み。そこにとりあえずバルブキャップを追加してみました。小さすぎてあんまり変わらないかと思ってましたが、息子はバイクを見た瞬間 あ!これいいやん!って言ってくれたので、目線の関係もあるかとは思いますけど、結構目を引くのかもしれませんね。自己満足の極み(笑)

とりあえず夢だけでも赤にしたい他のスモールパーツを列挙していくと

  • シートポストクランプ
  • ケーブルエンドキャップ
  • ボルト(ステムボルト ボトルゲージボルト ディスク台座のボルトなど)
  • コラムスペーサー
  • グリップ
  • プーリー

こんな感じでしょうか?どれもそんなに値が張るわけではありませんが(セラミックプーリーは高いです…)、慎重にいかないと無駄な出費になりそうですし、あまり安いのに変えて重くなりましたってのもいただけませんしね…変えるなら少しでも軽くしたい欲が出てしまいます。

しかも、こう言った部品はアルマイト加工が多く、下手に安いパーツだと日焼けですぐに色落ちしてきます。最初よくてもしみったれた感じにはしたくないですね。

 

シートポストクランプにはロード用とMTB用に分かれてますね。規格的にも同じ径も物もあり、別にこだわらなくてもいい感じはしますけど、やはりここはズレや緩みからの破損は避けたいです。特に軽量パーツは何回も締め込むとそれだけで破損しますので、シート位置が決まってからの変更がオススメです。

私はドロッパーシートポストを導入したので開け閉めはしませんが、上下操作を決行するよという方は当然レバー付きがいいと思います。

軽量パーツといえばKCNCですね。これはいろんな色もありますし、軽量。クランプ径も34.9mmの物もあります。ちなみにボルトはスカンジウム。その響きだけで正直グッときます(笑)

ワイヤーエンドキャップ。BBBの物はアウターのエンドまでついてますが少し高め。アリゲーターの物は再利用可能のスクリュー式。あと最後のやつは個数そんなに要りません…スポーツバイクを扱う自転車パーツを置いているところならレジ横にバラ売りもしてるし、それでもいいかな?とも思います。ちなみにBBBのものは一台分ブレーキ シフターなどたくさん入ってます。正直そんなに使わないな…油圧ディスクにワンバイ化しましたしと迷うところ。

ボルト関係。ボルト関係ではステムボルトが前にあるので一番目立つところ。あとはボトルケージからブレーキ台座に固定しているボルトなどなど。いろいろな部分にありますね。中にはチタンボルトなんかの高級品もあります。ステムボルトだけでも4本。他ざっと見渡しても8本ぐらいは比較的目立つ部分にあり、これはそこそこ変わってくれそう。このボルトもちろんどれでもいいわけではなくて、規格がきちんとあります。M6とか書いてあるやつですね。この規格についてはまた記事にしたいと思います。

コラムスペーサー。これも結構スモールパーツの中ではカスタムするにはメジャーアイテム。ここに少し問題が…今緑のものと黒のものが入ってますが、この黒を抜いて赤を入れてみたいなという欲はあります。しかし我が愛車はLefty2.0を装着してます。ということはコラムサイズはキャノンデールサイズ。特殊サイズとなっており、キャノンデール独自規格となってまして…今のLefty Ochoはテーパーコラムなのでステム側はオーバーサイズとなってまして、一般的なサイズ。問題ないです。ですので帰るとなればネットで解決は難しそうです。

ショップで相談しましょうかね。

グリップ。これもかなり目立つ位置にあって、面積もあるのでセンスが問われるところです…今現在のグリップは標準の黒ですけど、へたってないので変える予定なし。コーディネイト下手な私が変えるならスナップオンのグリップで、金具部分の色だけ変える感じかな?バイクに直接触れるところなので、嫁バイクでも使用したODIの物が結構いい感じなのでここは妥協できませんしね。

そして最後にプーリー。ディレイラーについてるちっこい歯車ですね。これは変えてみたい。ロードの方とかのを見ててもビッグプーリーは当然ですが、ここの色が変わってるとカスタム感がぐっと上がりますね。どうせ変えるならセラミックベアリング入った周りのいいやつをチョイスしたいかな?2個あるんでお値段もそこそこしちゃいますけどね。

 

と、夢ばかり広がりますけど、プーリー以外では性能 機能面に影響は少ないので軽量化とかいうよりもオシャレ優先なのでなかなか進めみくいところですが、ちょこちょこおこずかいからカスタム進めていきますか〜。

 

というわけで、バイクを夜な夜な眺めながらムフフと妄想生活を続けます。愛車がもっと愛おしくなります!

ではでは皆様にもよきサイクリングライフを〜

-Cannondale Habit Carbon3 2016を近代化?アップグレードカスタム!

Copyright© 息子と始めるDirt Life , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.