マウンテンバイクと雑記の日々

息子と始めるDirt Life

キッズバイク カスタム 改造

息子のMTB 成長に合わせステム ハンドル交換

更新日:

半年も乗ってると、7歳児も大きくなるもので3センチぐらいは伸びた模様。その間、身長よりも技術の方の伸びもあり、当初行けなかったところにも挑戦できるようになり…と、再度カスタムを行うこととしたわけです。(前回のカスタム 注意点 交換方法などはこちら。規格についてはこちら ポジション変更の効果などはこちらを参考にしていただければ幸いです。)

ちなみにSpecialized RipRock24の推奨身長の上限127cmには達しましたがまだMTB的には今のハンドルステムでもまだ大きめかジャストサイズですね。少々足つきがよろしくないです。ステムはもともと60mmから45mmに変更して乗せてましたが、50mmに再変更。

ハンドルバーは純正ライズ0mmバックスイープ5度アップスイープ0度をライズ20mm バックスイープ8度ぐらいアップスイープ3度ぐらいでしょうか?(商品に明記がなかったので目分量ですが。)に変更。それをライズ40mm バックスイープ8.5度アップスイープ5度に再変更。

より曲がった感じですが、少しハンドルを詰めたことで実質的なハンドルポジションはそれほど遠くしたわけではありません。

ちなみに20mmのライズ量はコラムスペーサーを5mm抜いたことと、ステムの角度がストレートになったことでほぼほぼ相殺され、アプスイープ分とで1センチほどポジションは上になった感じですかね?

 

それでも効果のほどは絶大なようで、体を後ろに引きやすくなったらしく、リアタイヤに腰掛けるぐらいまで引けるようになってました。

これは成功ですね。やっと乗りこなせる感じになってまいりました!

しかも純正のフラットバーの位置からすると3センチはグリップが近いので後6センチ身長が伸びる。数値的には後一年は純正ポジションから言うと乗れると言うことですかね?

そこからもうひと粘りして2年はまるまる乗っていただきましょう!私的には手応えありです。

それとこのハンドルステムの微変更には実はもっと深い意味がありまして、近頃ライドが激しさを増し、ダウンヒルのコースにも息子は走っていくわけです。頼もしいい限りですが、ちょっと中華ハンドルステムには不安が出てきたと言うことも正直あり、ガッチガチの物に変更してやろうと言う目論見。

信頼の人気ブランドSpankです。ステムもダウンヒルなどいわゆるグラビティー系。ゴッツイですね。実は私のダートジャンプ バイクに付けていたステムを気に入ったようだったので同ブランドにした感じです。(今回のパーツはBike24というドイツの通販で購入。ハンドルと併せて8000円ぐらいだったと思います。海外通販安いです)

トップキャップも付属していてまたこれがカッコいいです。

私のはこれ。息子のものよりかはガチガチ感ないですけど、これも結構剛性が高そうです。やっぱり黒いネジの方がかっこいいな。

ハンドルもこれまたSpankでカッチカチ。派手派手。

このハンドルバーはフロントのマッドガード(泥除け)がセットになってまして、一枚板の柔らかいプラスチック製でできています。ここにもSpankのロゴがカッコいいです。陳列用の棚に賭ける穴まで開いていてなかなかのアイデアですね。

ちなみにつけるときはこんな感じです。その時には陳列用の穴が隠れるとはなかなか。

結束バンドは各自用意ですが、100均のもので十分。切り端を中に丁寧に織り込んどかないと落車時の怪我の元なので抜かりなく。

ちなみのちなみに、私のバイクはレフティーサスとマニトウのサス(ブリッジが逆)なのでこのタイプは無理ですね。

話を元に戻して、ハンドル取り付け。しっかり計測して、外してつけるのみなのでそんなに複雑でもないですが、とりあえずハンドルは長いままでグリップまで装着して試乗してもらいます。

そこでブレーキの角度など息子に確認してもらい、いいところでマークしてカット!息子が一生懸命パイプカッターで切りました。

グリップ付け直してエンドキャップ装着して終了!

途中、シフターのつけ方が悪いと指摘を受けましたがつつがなく終了して、私的にも満足!息子も大満足の結果となりました。

そうそう グリップもボロくなってきて、ずれてきてたので新しいものに。よく乗りました。よく転けました(笑)片側がグリップシフトなので選択肢が少ないですね。握ってみると私には細身で硬いですけど、グローブしてるのと、息子の手はまだまだ小さいのでこれで良しかな?

 

いきなりですが番外編!クイズです!

この二つの切り口どちらがSpankでしょうか?

答えは!

下の方です!剛性が高いのに薄いなんて!って意外でしたが、これが材質と鋳造か鍛造かの違いですかね?!MGRというSpankご自慢の鍛造製法らしいです。

頼もしいなあ!

 

最後に付け加えておきますが、もともと使っていたWakeのハンドルステムが悪いわけではないです。街乗りとか強度の少ない走行では問題ないと思いますし、ポジション出しの機材としても役立ってくれました。感謝ですね。

 

というわけでまた山に行きますかね!

 

ではでは皆様にもよきサイクリングライフを〜

キッズバイクカスタムに戻る


-キッズバイク カスタム, 改造

Copyright© 息子と始めるDirt Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.