マウンテンバイクと雑記の日々

息子と始めるDirt Life

奈良周辺 ポタリング トレイルガイド 矢田丘陵トレイル紹介

矢田丘陵 頂上展望台近くから伸びるトレイル

更新日:

書き忘れていた端トレイルを紹介。のっけからやる気がない感じですけど、はい MTBでは通れない行き止まり廃トレイルの模様。場所だけでもご確認くださいませ〜。

頂上展望台といえば矢田丘陵の管理道を走ったことがある方なら必ず目にされているあの櫓です。

上の地図で言うところの私の7の手書き文字の下に頂上展望台の表記があります。この地図上では示されていないが、子供交流館でもらえる地図にはトレイルの表記が!ってことで行ってみることにした。

この地図に表記されている

この部分 頂上展望台の左側にマナー看板という表記があります。今回はそこのトレイル。(こうやって二枚の地図を使うと、いつも使っている地図が南北逆転している地図なので余計に分かりにくいですね…はじめに使い始めたのがその地図だったので、今だにですけど改善したいとは思ってます…スンマセン)

このトレイルはいろんな地図によるとそのままうねうねと降っていくように表記されていることもあり、期待を込めてレッツゴ〜

入り口はこんな感じ。展望台の階段を目の前に見て右側(ダブルトラックでは無い側)に2〜30m進めば見えます。展望台脇って感じですね。

解りづらいですが木と木の間にトレイルが見えます。現地ではもう少しわかりやすいかな?

普通の経路はこんな感じで自転車進行方向に伸びてます。この先は結構階段ですので気合を入れて進むか、ダブルトラックを進んでください!

では気をとりなおして端トレイルの中へ〜

上の地図にあるマナー看板がすぐ見えてきます。この看板前の土は全部猪の掘り返した跡。フッカフカで気持ちいい〜わけもなく…タイヤ刺さりまくりです。看板を見てますがここにベンチが一つありまして、今撮っている私の真後ろに下に続くトレイルがあります。

ガリガリ降っていきます。木を避けつつ、ブレーキを慎重に〜で、振り返ると上の方に例のマナー看板が。こういう時にいつも心細くなる瞬間ですね。このトレイル抜けてくれてるんだろうな…登んの嫌だよ…ってね。

ちょっと落ち着いたぜ!で、いい調子かと思いきや

笹のカバーがすごいな…トレイルなのか獣道なのか怪しくなってきたよ…

一応枝打ちはされてますが、ここは忍者の里か?ってぐらいに尖った切り口…ゴリゴリ進む自信ないわ…落車たら刺さっちゃうよ…

ああ、もうだめ…これ以上は進めません…バイク捨てて歩きで行っちゃおうかと思いましたがどのみちさっきの道を押しのぼることを考えればギブアップでした。

 

というわけで終了な訳ですけど、この先に送電線の鉄塔があるのは確実。そこから乙田の方まで抜けている感じなので歩きだったらいけるのかな?鉄塔管理でもっと枝打ちはしてもらえれば通れるかもって言う淡い期待もあります。

 

また機会を見て夏の盛りまでにはチェックしてみようかな?ここが茂ると手がつけられなさそうですわ。ちなみにここをチェックしたのは3月初旬の話です。

 

というわけで歯切れの悪い記事になりましたが、入り口があったらとりあえず覗いてみたい!そんな管理人MT HIPOの冒険心をくすぐるトレイルでしたとさ!

 

ではでは皆様にもよきサイクリングライフを〜

矢田のトレイル紹介に戻る


 

-奈良周辺 ポタリング トレイルガイド, 矢田丘陵トレイル紹介

Copyright© 息子と始めるDirt Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.