マウンテンバイクと雑記の日々

息子と始めるDirt Life

自転車 メンテナンス ツールなど

Crank Brothers Klic チューブレス対応!タンク付きフロアポンプ購入!

更新日:

ついにチューブレスに対応する為、タンク付きのフロアポンプを購入しました。ちゃんとしたフロアポンプを持ってなかったので、購入をタンク付きにするか、普通のにするかで迷ってました。

これなんかが候補で、これがあればタンクはないけど不満がないモデル。ジョーブロー スポーツ IIIってモデルで、デカくて見やすい空気圧のゲージもついていて、エアリリースボタンも付いてます。この二つを兼ね備えたモデルでの最低価格帯ですね。トピーク は裏切りません。これ以下だとメーターかエアリリースがなくなり、これ以上だと一回のポンピングで入れれる量が変わったり、

このトピーク  ジョーブローACEなら、高圧でも入れやすいように3段階に変える!これなら結構息子や嫁の非力さでも高圧まであげれるのでめちゃいいなあと。でも、ここまでお値段出すんだったら…

タンク付きのジョーブローブースターでしょう!このジョーブローブースターはMTBの空気量でも対応してくれるMTBer御用達と言っても過言ではないポンプです。レース会場でも一番目にするタンク付きですね。

って感じで、グルグル一周回って今まで我慢をしてました。

 

ってタンク付きってなんだよ…って方にご説明を…タイヤをチューブレス化する時(チューブレスの利点についてはこちら)に、そもそもチューブが入ってないのでリムにタイヤがハマっているだけ、このままでは空気はスッカスカに抜けちゃうので、抜けていく空気よりも入れていく空気のを多く、早くすることによってタイヤをリムにはめねばなりません。その為には、一気に放出できるようにタンクに貯めるか、CO2カートリッジを使うか、自動車屋さんなどのエアコンプレッサーを借りるかしかないです。(チューブレス化した時の記事はこちら)

 

ここでMTBやシクロクロスなんかしてる方だとわかっていただけると思いますが、その日の状況によってタイヤ変えたくなるんですよね。そうすると、毎回エアコンプレッサーとかCO2カートリッジってわけにも行きません。これが困ったところ。

そうなれば一番簡単なのがタンク付きのフロアポンプってわけです。

というわけで購入したのがこちら!クランクブラザーズのKlicです。タンク付き、ステンレス?のピカピカモデル!カッコいい〜!って…あの…トピーク じゃないんですか?って言われそうですけど、安かったんです。そうです。去るブラックフライデーで1万ちょいで買いました。

なんとなくMTB erの一人としてクランクブラザーズのブランド力には憧れもありますし、MTBのホイール中心に展開もしてるので、これでMTBタイヤ上げれなかったら嘘だろ?って感じですね。正直 値段と見た目とブランドに目が眩んだという情けない結果…

 

せっかくなのでこれから購入も考えている方のためにレポート!

実はホースはシリンダーの中に隠されてます。

そうです、メーターが水平について無くて、垂直についてたのはそういう事。入れながらメーター読めへんやん!ってことはございません。

そんでもってこの青い部分にカチッとはめると…

こんな感じで無事水平!メーターも大きくていい感じ。実はデジタルモデルもあって小数点以下2桁まで表示なのでいいんですけど、お値段が…

タンクも外せるので、

タンクなしでも運用可能な身軽さ!

タンクに空気を溜めるときはこのレバーを捻ってクローズ!空気入れて解放すると一気に空気が充填される仕組み。

ちなみにレバー横のバルブは米式で、ここにホースを繋いで入れるとタンク内気圧量が分かります。そうです、タンク内気圧を計りたければここに接続するより他ありません…ジョーブローなら余計な操作なしで把握できます。

で、これが先。先がねじ込み式のやつですね。このネジの天地を逆にするとフレンチと米式を変更できます。ちょい面倒…でもレバー式ではないのでスッキリとシリンダー内収納が可能になるわけ!

 

でね、ちょっと嬉しくってビードあげて見たんですよ!一発でしっかり上がって、パチンパチンというビードの音を響かせながら満足感に浸っていましたら…

よし!空気張りすぎなので空気抜くか〜!!!!無い!

エアリリースが付いてねえ…これは残念…やっぱり少し高くてもジョーブロー買えばよかったか…と思いながら。

この見た目!カッコいいです。ちょっとした高級家具屋の片隅にありそうな佇まい。ホースがダラダラしないし、最高とは言わないけど機能性もいい感じ!何よりプラチックぽさが無くて、玄関先に置いてても違和感が無い感じが嫁的にもgoodみたいで一安心。

このホース格納ですけど、実はホースを格納してからハンドルを持っても伸びにくくなるんですよね。なので何気に横に移動するときにハンドル持っても問題ない!これはいい感じですね!いやほんと!

 

総合的には満足です!奥様の目をチラチラ見ながら肩身の狭い思いをしているお父さんにはオススメかも!レザイン以外の選択肢として!

私はブラックフライデーでしたがなにかとセールやってるので、海外通販でだったらまだ安く手に入るかも! 国内で出物も少なく、なかなか在庫もないと思われるので。

それともう一つ!このモデルやジョーブローなんかでは大丈夫ですけど、あまり安いタンク付きフロアポンプはタンク経由か否かを選択できないモデル(常にタンクの空気圧を上げなくてはならないのでしんどい)とか、そもそもタンク容量が小さくてロード用でギリギリなモデルもあるので御注意を!

 

(後記 一年経たないうちに…結局 電動になりました…Makita ポンプについてはこちら〜 泣)

 

ではでは皆様にもよきサイクリングライフを〜!

-自転車 メンテナンス ツールなど

Copyright© 息子と始めるDirt Life , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.