マウンテンバイクと雑記の日々

息子と始めるDirt Life

ちょこっとロードバイク シクロクロスに挑戦!

女性用のサドルと男女共用のサドルの差は??男性でも女性用サドルは使えるのか?!

投稿日:

自転車界にもフレーム始め女性用 男性用が存在しますが、パーツで言うとサドルも同様にありまして、数少ないですが女性用モデルがあります。そのほかは共用となってますが、設計は男性目線のものが多いですね。

そこで今回のお題がこのサドル。タイオガのサドルです。頂き物で一度使ってみようと思いつつ、そのままになってました。その理由はもちろん女性用だったから。

ハーズ カーボンレール

ハーズ クロモリレール

ストレイタム カーボンレール

ブースト クロモリレール

Undercover ってモデルはラインが3系統 MTB用のブースト 男女共用のストレイタム それと女性モデルのハーズです。始めハーズの意味が分かってなくて、やった〜サドルゲット〜なんて思ってましたが、Hersってロゴは何?って調べるとなるほどなるほどって感じ。

なんか女性用って言ってもフリルついてるとかではないし別にいいんだけど、なんか恥づかしいなあなんてブレーキがかかってました…Hersってわかっちゃうと目立つ気がして…

でも、カーボンレールの軽量サドルってきたらそりゃあ使ってみたいじゃない?motiveが258gに対して160gとほぼ100gの軽量化!

今一番気に入ってるAdept Motive(パワーサドル系のショートノーズ レポートはこちら)と比べると少し長くなるのはロードではいいかな?最近サドルを後ろにセッティングしてるので前乗りしにくいなあ…なんて思ってたから一度試してみたかったところ。正直Cannondale Habit純正だったファブリックのサドルは先が尖りすぎてて、長いけど刺さるんですよ…長続きしない…

左がファブリック。サドルの座り心地的には悪くないんですけど、右側のAdeptのやつの方が前乗りしても痛くなかった。しかし長さが足りなかったって感じ。

そこにきて

先まで平で太めのこのサドル。しかも長すぎない設定にああこれはいいかもって思ったわけ。

 

で、ここで女性用とはなんぞや?って話。同じモデルラインのストレイタムとハーズをタイオガHPから引用して比較してみますと、

こっちが男女共用のストレイタム

こっちが女性用 ハーズ見比べてみると真ん中の切れ込み長さが違います。いわゆる股間の圧迫感解消の穴部分ですけど、よく見ると薄ーい凹みから始まって真ん中のメッシュになってるハーズ。その薄い凹み部分も穴になってるストレイタムって感じ。

構造上の違いはわかりますけど、真ん中が穴空いてて凹んでいても女性の場合丸みがないと圧迫することがあるらしく、少し緩やかなエッジのない構造にしてるらしいです。凹みの体積的には男性の方が尿道圧迫感を解消したいので前後に深く長くって感じですね。

って事は一応尿道対策も男性使用にも耐えられる感じか??一応凹みは長くとってますから。

それともう一点は骨盤の幅。お尻の大きさは同じでも、赤ちゃんを産むと言う女性の構造上骨盤が男性よりも広く、骨の幅に違いがあるんですね。なので、上の画像はモーティブとの比較ですけど、少し広い。

数値的にも男女共用のストレイタム140mm幅に対して、155mmと 15mm拡大してます。(ちなみにモーティブは148mm)

 

これにより、ロードバイクだとサドルよりも腰を引く事ってそれほどないかもしれませんが、MTBやシクロクロスではしょっちゅう引きます。その時に内股の干渉ってのが気になるところです。モーティブも気に入ってますけど、当初少しあたるなーなんて思ってました(今は慣れて問題無し)。

 

前述の凹み部分も含めてタイオガがうたっているように

「単にパッドを厚くし、角を丸めただけの女性用サドルでは得られない軽快な使用感を実現しています」

この部分ですね。少し柔らかい設定に丸い設定にしている模様ですね。

正直モーティブと触り心地的には硬いですけど…

ちゅうことで、尻の大きな管理人HIPOからすると、尻を引いたりするのに問題なく使えれば女性用サドル万歳なんじゃない?って感じで試してみる事に〜!

下が取り付け後、ちょいと長くなると存在感が増しますね。

おーカーボンレールカッコいい!って誰もみてないよ…

で、試乗に出るついでに近くのクロンドまで自走。ちょこっとシクロ練をしました。

使用感は結構いい感じ。違和感なく乗れました。少し硬い印象でしたが、真ん中の穴から見えるメッシュの効果でサドル自体がしなるのでそれほど衝撃は感じず。

尿道への過度の圧迫感も感じなかったです。いいんじゃない?軽量化したし。でもやっぱり降り段差で腰を引くと内股への擦れは以前より感じますね。ここら辺がどうなんだろう?30分レース気分でグリグリ荒地を走りましたが、内股が痛いってことは皆無。それでよしとするかな?

当然長くなった分 ヒルクライムでの前乗りしやすくなった!これはすごい恩恵!しかも先まである程度太いので快適!

 

それとサドルを軽量化することへの影響といえば、ダンシングでバイクを振った時ですね。振り子の先は軽い方がいいに決まってます。そこで行きの登りでフリフリしながら乗ってみましたが、私レベルでは軽い気がするなあ〜って感じ。効果的には確かにあるんだろうけど、軽くなったって意識も差し引きして考えると豚に真珠装備と言わざるをえません…(笑)

 

それよりもこの日、サドル変えたこともあってサドルの締め込み不足?閉めてんだけどなあ…乗ってるうちにサドルがズレて締め直しって感じで、シートポストヤグラがよく緩むことを考えるとシートポスト交換かな…困ったのう…

以前からレース中にもズレてってこともありましたしね…

 

というわけで、尻でかいなら女性用もありだぞって話。尻の大きさ(骨盤がの大きさ 坐骨間距離)わからんぞって方はショップなんかに行くと計測してもらえますよ!あとは段ボールに座ってみて骨で凹んだ2点の距離を測るのもあり。これについてはまた書きますかね。

で、坐骨間距離プラス10mmがいいとされてるので大体の目安にすればいいかな?って感じです。それほどホイホイ買わないし、今回も貰い物だから試す程度…沼にハマるのが怖い分野ではありますが、友達のサドル跨ったりする時には意識してみると面白いですよ!

 

ああ、それと最後になりましたが、体重制限…これについてはあまり各社女性モデルと共用モデルで変えてないってか公表してないケースもあります。クロモリレールなんかだとそれほどかもしれないけど、カーボンレールとかでも女性用レールで軽量化!なんてうたわない事を思えば男女共用のプラットフォームに上だけ変えてるんでしょうね。当たり前といえば当たり前な小さな市場ですな。

 

とりあえず引き続きシクロ車で使用してみたいと思います〜!

というわけで、皆様にもよきサイクリングライフを〜!

-ちょこっとロードバイク, シクロクロスに挑戦!

Copyright© 息子と始めるDirt Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.