マウンテンバイクと雑記の日々

息子と始めるDirt Life

雑記

大掃除中に息子のハンドルで想いに耽る…

投稿日:

28日仕事納めからの開けて29は大掃除の日。嫁に兼ねてから言われていた自転車ゾーンの掃除…

物は溜まる、使える物は置いておくけど結構規格が変わってたりで26インチのリムブレーキ仕様MTBホイールなんてなかなかニッチすぎて使えるのかさえわからないが、一応ハブクリーニングとかしてみると手放しにくくなる…

そんな中でも一番困るのは息子のMTBのハンドル関係。ステムは再利用できるけど、ハンドルバーはそれほど役に立たない。

ちなみに上から二番目のものが納車当時に付いていたハンドル

これが当初は長く操作しにくそうだったので、一つ下の三番目にした。

ライズも加えて快適なライドへ〜って感じ。この時は中華製のステムハンドルを切り詰めましたね。その当時の記事はこちら

これでライズ量とハンドル幅的にいい感じに。

そこから息子も成長してステムハンドルを延長。20インチのフレームにまだまだしがみつきます(笑)その時がこの記事 スパンクのダウンヒル使用に交換し、ハンドルを切り詰める。

これはどれだけ切り詰めるか検討してる時の写真。

それからまた時は流れて20インチフレームのまま24インチ化を果たし、ステムだけ交換したもののアンバランスな見た目に…機材の使い回ししながらだったので、嫁MTBが不動車の道を歩み始める(笑)

ここからリジッド化して

これが今の姿。この写ってるハンドルバーは上のハンドルバー5本の中には入ってません。

今のハンドルがちょっと手狭になってきた今日この頃…そんな記事はこちら

そこで購入したのが一番下で680mmですね。こうしてみると下3本がだんだん大きくなってるのがわかるし、純正(上から二番目)との差もわかりやすいですね。

 

で、そしたら謎の一番上ってなんだよ…ってなりますよね。これ実は20年前の嫁MTB純正ハンドルバー。

フレームサイズは小さいですけど、大人の女性が乗るやつです。

そう考えると昔の大人のハンドルが、今や子供の20インチのハンドルバーと同じ幅ってすごくないですか?MTBも進化してるわ〜って感心してると、はよ片付け〜って怒られました…トホホ…

 

まあ大掃除なんてそんなもんよね。古いアルバム見たり、なんか知らんけど謎のものが出てきて悩んだり、家族の歴史に触れる機会でもあったりします。

そんな一幕が息子のMTBのサイズアップだなんてね、うちの家らしいといえばらしいですなあ(笑)

なんとなく片付いてきた自転車コーナーってか、片付いた部分だけを撮った自転車コーナーといった方が正確か!(笑)そんな中 ジャンプバイクは一応ある ストトラ車もあるって事で最近存在感が無い嫁MTB…ってか動かなくなってる嫁MTB。

そこらへんにあるものを組み合わせて、おおグラベルバイクできそうやん〜これなら嫁乗ってくれるかも〜って盛り上がりかけた矢先…

下クリアランスオッケー

上クリアランス…あかんわ…流石に700cは入らんか…フレームによっちゃあ入るはずだけど、Killer Vは飲み込んでくれなかった…残念…26インチのグラベルバイクに仕立てるかいなあ…何だかなあ〜

って年が明けたら、徐々に構想を練って春には家族3人でサイクリングと行きたいとこだね〜!って事で、古いMTBレストアのカテゴリーがまた動き出しそうな予感だ!

 

というわけで楽しい大掃除でしたとさ!ではでは皆様にもよきサイクリングライフを〜!

 

-雑記

Copyright© 息子と始めるDirt Life , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.