マウンテンバイクと雑記の日々

息子と始めるDirt Life

キッズバイク カスタム

息子MTBフロント24インチ リア20インチで山へ!

更新日:

前記事で息子の20インチMTBをフロントのみ24インチにインチアップしました。

フロントフォークに余裕がないため、26インチ用のサスを購入し、24インチをはめると言う、少々乱暴な感じです。

そうすると、この回でも記事にしましたが、とにかくフロント周りが長くなるため、後ろにフレームが傾きハンドルが上がります。それを抑えるためステムとスペーサーで調整したのが今の段階。

これでもハンドルバーがライザーバーなので少し今までよりもハンドル位置は高いです。

というわけで ゆぶねMTBLANDに持ち込み試走。

あまり違和感なく乗れてます。今まで木の根っこなどで突っかかるところも乗り越えがスムーズになって、一番息子が感激したのが、家の前の段差。家の中に自転車を持ち込むときにいつもは持ち上げていたのが押して乗り越えれるようになったってことです。

やはりホイールがでかくなることはいいですね。もちろん体のサイズに見合ったホイールサイズは必須です。

そしてこの時はいいんじゃない〜って思ってたんですが、上の写真。フレームが後ろに傾いた分、サドル位置も後ろに傾き、重心が全体的に後ろに移動した状態になってます。そしてこのパンプを超えている時のこの角度。このまま座った状態だと後輪の軸にお尻の位置が来そうです…

この時はあまり気づいてなかったんですが、この後山に入ったときにやはりフロント上がりが発生…激坂で登ることに集中しているとフロントがふわり…こりゃダメだって事で、息子はステムにヘソがつくぐらい被せて立ち漕ぎ。サドルを前に移動させるのと、シートポストのオフセットが無いものに変更が必要かなと…しかしサドルを前にすると前が窮屈かな…どうかな…微妙です。

 

そのあとチームメイトの24インチに跨らせてもらったりしましたが、やっぱりまだ息子130cmには大きそうだな。やっぱり24インチフレームだとスタンドオーバーが高いです。

 

うーん難しいって事で、八代さんに相談。やっぱり後ろも24にした方がジオメトリー的にいいね。って事と相成りました。このフレームはいいフレームです。なかなか対応してくれる〜。

 

そのほかもう一点、コーチ役のパパからのアドバイス。やっぱり激坂なんかになるとギア的に漕げなくなるので、もっと軽いギア欲しいですね!ってお言葉。

確かに私的にも膝への負担がかかるので10速化したかったんですけど、前にも書いたように7速しか入らない事態を確認したわけで…困った困った。

 

というわけで急遽完全24インチ化。どちらも解消できそうですね。ちょっと背伸びした感じのタイヤサイズですが、次のビワイチで慣れていただきますか。

一応付け加えておきますが、山走行を考えなければ身長130センチで24インチは普通です。なのでビワイチ合宿は新しい規格で走るにはいい機会だなと思います。

しかもシフターがグリップシフターからサムシフターに変わるのでそれにも慣れてくれれば嬉しいかな?

 

チェーン買いに行かなと…

ではでは感謝の気持ちか、やりたいだけか、息子が洗車してくれてる画像でさようなら〜。次完成したらアップします。(後輪も24インチ化しました)

 

皆様にもよきサイクリングライフを〜!

-キッズバイク カスタム

Copyright© 息子と始めるDirt Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.