マウンテンバイクと雑記の日々

息子と始めるDirt Life

キッズバイク カスタム

息子のシューズがファイブテンに!履き心地はいかが?

投稿日:

今までフットサル用のシューズを愛用してきた息子。

それはそれでグリップもするし良かったんですけど、チームの共同購入でファイブテンをゲットする運びとなりました。

これが今まで履いていたシューズ。Pumaのオンラインショップで購入し、Twistaという紐ぐつをBOA化するキットでしっかりと紐を結べるようにしてました。

裏はこんな感じ。

結構ペダルのスパイクに食いつくのでいい感じでしたが、やはり靴底が柔らかいんですよね。基本的に運動靴って走り回るので靴底は柔軟。それが体育館だと上の写真のようになるし、芝生や土の上となるとスパイクができてきたりします。

しかし自転車は特殊です。ペダルと靴は常時密着してますから、縦横の柔軟性は要りません。むしろ踏み込んだ時に靴底の変形はパワーロスに繋がる為、靴底は硬くなっていきます。

これが息子のニューシューズ。

先日の合宿にはいて行ったので少し汚れてます…失礼。

靴底は硬いですが、ゴムは柔らかいです。ペダルがしっかり食い込むように作られています。

というのも、少し大きめサイズの靴だったのですが、試しに履いて自転車に乗ってみるとこれは楽だ〜ってなりまして、少し大きくても大丈夫って言いつつ履いていきました。まあまあ靴擦れもなく300km以上走ってきたわけですから折り紙付きかな?

少しやっぱり高いけど、いいものはいいんだなと思った次第です…。

 

で、よく言われるところのストリート系のスケートボードとかのシューズがいいよという話。これも同じで靴底は硬いんですよね。そしてスケートボード表面にはヤスリ目がついているのでそれほどの凹凸はなく、しっかりグリップする感じ。

ただ、この手のシューズは防水性とかが頼りないです…ものによりますけどスマートに布地だったりするので、MTBとかでの足を守る機能は少し弱めな気がします。

そのほかで靴底硬いといえば登山靴ですね。岩とか尖ったもので靴底に穴が開かないようにカッチカチ。しかも岩とかに足をかけるときにグニャグニャだと負担がかかるので爪先さえ曲がらない仕様になってますよね。

でもローカットでスパイクの無い登山靴って…って話であまりよろしく無い…

 

と思えば、これですな。アプローチシューズ。いわゆるロッククライミングとかの現場に行く前に履いたり、キャンプとかで履くシューズです。まあこれがファイブテンの元々の役目だったりするので、そりゃあそうかといった感じ。ちなみにクライミングシューズでもファイブテンは有名、って言いますかMTB界の方がマイナーかな?一般的には。

ちゅうことで2年前ぐらいにファイブテンがアディダスに買収されたニュースでパニックがおかりましたが、今も尚クオリティーは健在。

今回みたいに4〜5千円で手に入るようになったんだからよかったよかったって話ですね。

ロードでクリート嵌めない方、フラットペダルで行くぜって方にもおすすめです!

 

というわけで今日はこの辺で!皆様にもよきサイクリングライフを〜!

 

-キッズバイク カスタム

Copyright© 息子と始めるDirt Life , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.